ブルキナファソでの学校保健活動についての報告

ブルキナファソでの学校保健活動についての報告

報告日時:2020年5月24日
報告者:渋谷 文子

みなさん、こんにちは。
今年度より事務局メンバーに加わりました、渋谷文子です。

私はJICA青年海外協力隊の看護師隊員としてブルキナファソで活動していました。首都ワガドゥグから約2時間離れた場所にあるクドゥグ市にあるカトリックの女子校において学校保健活動を行いました。現地教員と共に保健の授業を行い、性教育(月経指導や性感染症等)やマラリアに関する予防知識の普及に努めました。栄養指導や手洗い指導など日常生活の保健衛生に関する指導も行いました。また、保健室を立ち上げて、身体計測や健康相談に関する保健指導を実施し、生徒の健康管理能力の向上に対する支援を行いました。継続性のある活動を行うことが自己の課題であり、任期終了後も学校職員が学校保健活動を継続できるように、現地教員と共に保健の教材を作成し、保健室の管理は学校長に引き継ぎました。

文化や社会的背景が強く、また信仰する宗教の規則に伴い、性教育の指導内容に制約が生じ指導が難しかったです。実際に若年妊娠や性感染症に罹患した生徒も在籍していましたが、これらの背景に伴い予防策の指導が十分に行えませんでした。このことから、教育機関での予防教育と学校保健体制を整えることが必要であると感じました。現在は琉球大学大学院保健学研究科国際地域保健学教室修士課程に在籍し、開発途上国の性教育に関する研究を行う予定です。研究活動を通して、解決すべき問題点や自身の活動を通しての疑問に対する答えを明らかにして、学校保健体制を改善できるように取り組んでいきたいと思っています。

  
手洗い指導の様子                                                                       保健の授業風景

  
現地教員と共に指導している様子                                                   身体計測の様子