ガーナでの学校保健活動について

ガーナでの学校保健活動について

報告日時:2020年9月10日
報告者:上野 真理恵 

みなさん、こんにちは。今年度より事務局メンバーに加わりました上野です。
JICA海外協力隊・学校保健隊員(2017年度1次隊)としてガーナに派遣された際の、現地での活動について報告します。

ガーナでは、国連児童基金(UNICEF)の支援により1992年からSchool Health Education Program(SHEP)が開始されました。教育省には、学校保健局が設置されており、全国の教育事務所には、学校保健担当者が配置されています。学校保健担当者は、管轄する地域内にある学校を巡回し、学校保健活動のモニタリングと教員や児童生徒への指導に取り組んでいます。また、各学校では、校長が学校保健を担当する教員を選出し、その教員が中心となって、学校保健活動を進めています。

2004年には、橋本イニシアティブにより、ガーナの首都アクラに国際寄生虫対策西アフリカセンターが設立され、学校保健を通じた寄生虫対策が強化されました(国際寄生虫対策西アフリカセンタープロジェクト.2004年~2008年)。私の任地は、このプロジェクトにおいてモデルサイトとなったアダ・イースト郡です。アダ・イースト郡は、首都アクラから車で2時間ほどのガーナの沿岸部に位置し、人口約8万人(2019年)の町です。学校保健隊員は、学校保健担当者と協働し、管轄地域内の学校(小中学校計77校)における学校保健活動の支援が求められていました。特に、プロジェクトのフォローアップとして保健教育の充実が求められていました。

学校保健隊員として取り組んだ活動のひとつに、「健康歌を通した日常的な保健教育の推進」があります。ガーナでは、保健が単独の科目にはなっていません。理科で健康に関する内容は取り上げられますが、一部のトピックのみであり、学校における保健教育は十分とは言えません。また、保護者も、保健教育を受けてきた経験が少ないため、家庭における日常的な子どもへの教育にも課題があります。このような状況から、子どもたちが健康に関する知識を身に着けられるよう、日々の生活において保健教育の機会を増やすことが重要だと考えました。そこで、歌うことが好きなガーナ人の文化を活かし、健康歌づくりに取り組みました。同僚や地域の住民と一緒に、現地語の健康歌を8曲(身の回りの清潔・手洗い・環境衛生・水衛生・マラリア予防・栄養・歯科・救急処置について)作成し、それぞれ、健康に関する知識が歌詞に盛り込まれるように工夫しました。出来上がった健康歌は、一冊の歌集として製本し、各学校に配布しながら、児童や教員に対する保健教育を実施しました。また、毎月、ラジオ番組で同僚と健康歌を紹介し、地域に向けた啓発活動に取り組みました。

各学校では、健康歌集を活用し、朝の集会等で児童に健康教育を実施し、合唱する等の取り組みがありました。また、ある学校では、教員が健康歌集を国語の音読の教材に使用していました。保健教育は、教育活動全体に渡って展開されるべきものだと考えます。この活動から、保健が単独の科目として存在しないガーナでの保健教育の実践に関して、その国の文化に合った指導方法の開発や、他教科との連携等、新しい気づきを得られました。

   
作成した現地語の健康歌集                                手洗い歌のページ

   
小学校での保健教育の様子                                                    ローカルラジオ番組での健康歌紹介


健康歌集が現地語の授業の教材として使われている様子