FRESHとは

FRESHとは

FRESH coordination group
FRESHの理念の具現化のために

本コンソーシアムは、このFRESHの理念の具現化のために、 FRESH Coordination Group の一員として、国際機関、国際NGO等と協力しながら世界の学校保健活動の発展のための新しい戦略等の提案を行っています。

HISTORY
包括的な学校保健の枠組みとして誕生
FRESH : Focusing Resources on Effective School Health

1995年にWHOによって提唱されたGlobal School Health Initiativeの中では、学校が地域の中で健康関連の活動を促進する場として機能するような場所となることが強調され、そのような機能をもった学校(ヘルスプロモーティングスクール)の数を増やしていく必要があることが明記されました1,2)。それにより、学校を中核として地域社会や家庭において包括的な健康づくりを進めていく、ヘルスプロモーティングスクールのアプローチは、ヨーロッパから、アジアへと普及。その後、1999年には、ユニセフがChild Friendly School を提唱し、子供の権利の保護を基本とした健康増進活動を進めました3)。

しかしながら、これらの活動は互いに重なる部分も多く、各団体が異なった理念のもと個別にアプローチすることは、資源の効率的活用という点で問題があります。そこで、WHO、ユネスコ、ユニセフ、世界銀行の4者は、学校保健に関わる資源(人材・資金など)を効果が期待できる活動に集約させることについて議論しました。その結果、2000年に包括的な学校保健の枠組みとして提案されたのが FRESH(Focusing Resources on Effective School Health)です。

GUIDELINE of FRESH
FRESHの4つの指針

FRESHでは、子供の健康状態の改善策としての学校での保健活動の有効性を再確認し、子供の健康と栄養状態を改善することにより、学習成果を高めることが目指されました。また、全ての子供たちに就学の機会を提供するための世界規模の取り組みであるEducation for All(EFA)を達成するために、国家計画と学校保健活動を連動させる必要性を明記しています。

FRESHの4つの指針

指針1

保健衛生に関するスキルの獲得を中心とした健康教育と保健サービスの提供を含む保健政策を学校で実施すること

指針2

学校に衛生的な設備と安全な水を供給することにより、学校が保健衛生に関する行動の手本となること

指針3

保健衛生に関する知識や態度、価値観、技術の習得に基づく健康教育の実施により、望ましい保健衛生行動や意思決定ができるようにすること

指針4

学校で健康と栄養サービスを提供すること

MILLENNIUM DEVELOPMENT GOALS
ミレニアム開発目標達成への寄与する活動

FRESHと同時期に提唱されたミレニアム開発目標では、2015年までに達成すべき国際社会の共通目標として8つの目標が掲げられました。
学校保健は、そのうちの教育と保健の双方に関連する5つの目標の達成に寄与する活動として注目されています5)。

MDGs目標達成に寄与する5つの活動

普遍的初等教育の達成
ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
幼児死亡率の削減
妊産婦の健康の改善
HIV/エイズ、マラリアその他疾病の蔓延防止
■ 引用・参考文献

1)WHO、 WHO's Global School Health Initiative: health-promoting schools http://www.who.int/school_youth_health/media/en/92.pdf?ua=1、 1998

2)WHO、 Promoting Health through Schools The World Health Organization’s Global School Health Initiative、http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/41987/1/WHO_TRS_870.pdf 、 1997

3)Child Friendly School:www.unicef.org/lifeskills/index_7260.html 

4)FRESH:www.freshschools.org/ 

5)MDGs:www.un.org/millenniumgoals/