第5回 アジア学校保健栄養研修

第5回 アジア学校保健栄養研修

日時:2015年11月26日(木)~12月4日(金)
参加者: 小林潤(琉球大学)、友川幸(信州大学)、西尾彰泰(岐阜大学)、児玉光也(横浜市立大学)、平安山華江(琉球大学)、Kethsana Kanyasan(琉球大学)

皆 様こんにちは!私はラオス国立大学で講師をしているケッサナ・カンヤサンと申します。現在博士後期課程の1年生として琉球大学保健学研究科国際地域保健学 教室に留学しております。この度、第5回学校保健栄養研修にサポートスタッフとして参加させて頂き貴重な経験を得ました。
今 回が5回目となる同コースは、国際学校保健コンソーシアムが、タイのマヒドン大学およびイギリスのPCD(Partnership for Child Development)と共に企画し、アジア11カ国(バングラデシュ、ブータン、カンボジア、ミャンマー、ネパール、ラオス、インド、パキスタン、パ プアニューギニア、フィリピン、タイ)から約30名が参加しました。研修では学校保健と栄養に関する様々な講義とワークショップ、バンコク県内の小学校2 校の見学が行われ、参加者は自国での経験を共有しながら、活発に意見交換を行いました。
研 修では、多くの専門家によって学校栄養や学校給食、歯科保健の推進、非感染性疾患に対する学校保健の現状分析、駆虫などをテーマに学校保健と栄養に関する 講義も行われました。最終日には、各国のグループが研修で得られたことを活かして作成した学校保健アクションプランを発表しました。
今 回の研修は私だけでなく、参加者にとって実践に活きる学校保健・栄養を理解し、知識を深める機会としてとても有意義なものであったと思います。特に FRESHとSystems Approach Better Education Results (SABER、より良い教育結果のためのシステムアプローチ)モデルについて学べたことは多くの国にとって効果的に学校保健・栄養を進めて行く一助となっ たと考えます。
 

  • 開会あいさつの様子

  • 小林教授による講義

  • ワークショップにて友川准教授と参加者が 意見を交えている様子

  • プラヤパサート小学校の見学

  • バンバンチャック小学校の見学

  • カンボジアの参加者による活動経験の共有