WHO学校保健専門家会議 “国際保健イニシアチブ:保健・教育の成果にむけて

WHO学校保健専門家会議 “国際保健イニシアチブ:保健・教育の成果にむけて

日時:2015年11月23日(月)~25日(水)
参加者:神馬正峰(東京大学),小林潤(琉球大学),友川幸(信州大学、WHO),平山華江(琉球大学) 他

2015年11月23日から25日に、バンコクで行われたWHO学校保健専門家会議に、当コンソーシアムから理事長の小林潤教授と事務局長の友川幸准教授、理事の神馬正峰教授、平山華江が参加しました。神馬教授は1日目に「エビデンスに基づく低中所得国の学校保健における非感染症疾患予防の実践」について、小林教授は2日目に「低中所得国の学校における保健推進のための組織能力形成の機会と課題」について講演を行い、友川准教授はWHOのコンサルタント(学校保健)として会議の運営に携わりました。

会議には、世界各国(約30カ国)から学校保健専門家、保健または教育行政担当者、国際NGO(PCD,セーブ・ザ・チルドレンなど)従事者が総勢50名以上集いました。1日目はこれまでの学校保健の成果や学校保健の機会の拡大について、2日目は各地域別の状況と学校保健に係る困難への取り組み、3日目には今後の保健と教育における課題への対応をテーマに会議が進められました。全日程を通して、専門家によるプレゼンテーションと参加者を4グループに分けたラウンドテーブルディスカッションが行われ、世界における学校保健の共通課題を認識しあいながら、各国・各地域の状況に応じた学校保健計画が検討されました。

3日間の会議を通して、学校保健における駆虫や手洗いの促進などによる感染症対策の成果を再認識し、非感染症疾患への取り組みの必要性、持続可能な開発目標(SDGs)が国連によって採択された今日における地球環境や災害対策も視野に入れた持続的な学校保健の在り方、保健と教育関係者間のより良いパートナーシップ構築、包括的な学校保健の実施の在り方を見つめる機会となりました。

  • 参加者の集合写真
     

  • 専門家によるプレゼンテーション
    (座長:小林教授)

  • 活発な質疑応答に応じる神馬教授
     

  • ラウンドテーブルディスカッションにて
    ファシリテーションを行う友川准教授

  • 小林教授による
    プレゼンテーションの様子
     

  • KC氏(WHOヘルスプロモーション
    コーディネーター)と
    会談する小林教授と神馬教授