スリランカにおける青少年クラブを介した地域住民への介入研究 -介入1年後-

スリランカにおける青少年クラブを介した地域住民への介入研究 -介入1年後-

スリランカにおける青少年クラブを介した地域住民への介入研究 -介入1年後-
 
日程:2017年7月31日(月)~8月1日(火)
参加者:溝上哲也、山口美輪(国立国際医療研究センター)
 
2009年よりスリランカで行ってきた学校保健研究およびその発展研究は、第3期目に入っています。2016年に開始した介入研究では、各地区の青少年クラブのメンバーを地域における健康を推進する担い手として育成し、住民の循環器疾患リスクの低減を目指すことを目的としています。1年間の介入終了を控えて、現地の視察と、介入効果の評価方法についてカウンターパートと打ち合わせを行いました。
 
初日は、コロンボ大学Samarasinghe元教授、健康増進財団Indrawansa氏とともに12箇所の介入地区のうち5箇所を訪れました。そのうち4箇所では、地区の集会所に集まった住民の方々に介入による健康増進活動や生活習慣の変化などを各30分程度ヒアリングし、1箇所は住民の方と子ども達でバドミントンをする様子を視察しました。同じ介入方法でも地区によって社会的、身体的、地理的な特徴に違いがあることがわかりました。ある地区では、集まった女性の中に際立って発言する方がいた一方、別の地区では女性同士の対等な関係が感じられた地区もありました。性別でみると、集まった住民は4地区とも女性の割合が多かったのですが、1地区のみ男女半分くらいの割合でした。また、体格についても、肥満傾向の住民が多い地区がある印象を受けました。運動場所においては、運動ができる十分な広場がある地区とそうでない地区があり、地理的環境による身体活動の違いが推察されました。
 
2日目は、コロンボ大学Gunawardena博士、Samarasinghe元教授と合流して9月から始まる介入後の調査実施の準備状況、データや調査票の確認、そして今後の調査研究について話し合いました。今後の介入研究の分析結果を踏まえて今後もスリランカにおける青少年、住民らの循環器疾患リスクの低減と健康の維持増進について継続して共に取り組むことを確認し、今回の視察を終えました。
 
また、空き時間を使ってIndrawansa氏にスリランカの自然が感じられる寺院や公園を案内してもらいました。多様な文化と豊富な農作物、そして美しい自然を残すスリランカが健康な住民と共に発展していくように、私たちはこれからもサポートを続けたいと思います。

       
    メンタルチェック             食事記録           体重記録

   
   住民の方へのヒアリング              健康習慣を広める青少年クラブの皆さん