日本学校保健学会 第66回学術大会

日本学校保健学会 第66回学術大会

 事務局メンバーの野口祐子です。

 2019年11月29日~12月1日に東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた、一般財団法人日本学校保健学会第66回学術大会に参加しました。
国際学校保健コンソーシアムでは、12月1日に「
SDGs時代の国際学校保健ーその複雑さと多様性」と題して課題別セッションを行いました。

 まず冒頭に、友川幸准教授(信州大学)から、本セッションの企画主旨が紹介され、城川美佳講師(神奈川県立保健福祉大学)により「外国にルーツを持つ子どもと
学校給食」、西尾彰泰教授(岐阜大学)により「東南アジアの子どものメンタルヘルス」、小林潤教授(琉球大学)により「宗教・道徳教育が学校保健の推進に果たす役割」、山本ベバリー・アン教授(大阪大学)により、「外国の性教育とジェンダー教育」について報告しました。最後に、杉田映理准教授(大阪大学)によって大阪大学が主催するユネスコチェアの取り組みについて情報提供が行われました。

 ディスカッションでは、フロアーとの活発な意見交換が行われました。今後も学会等を通してより多くの方に活動を発信、繋がることができれば幸いです。