国際学校保健コンソーシアム年次会議

国際学校保健コンソーシアム年次会議

 
 

令和元年12月2日(月)に、(日本学校保健学会第66回学術大会の翌日)、国立国際医療研究センター研究所にて、国際学校保健コンソーシアム年次会議が開催されました。

午前中は、各班の進捗発表があり、午後は、定例会議がありました。
たくさんの発表があったのですが、代表的なもののみ報告させていただきます。

溝上班:
スリランカでの学校保健プロジェクトを実施している。しかし、スリランカでは、先日、連続爆弾テロがあり、現在は研究実施が困難とのことで、アプローチ方法を変えて研究計画を作成し直しているところです。


小林班:
イスラム圏であるインドネシアにおいて、宗教教育がメンタルヘルスにどう影響しているかの質的調査を実施している。
また、小林先生は、最近、宗教教育のメンタルヘルスへの影響についてのシステマティックレビューを投稿されました。(詳しくは、2つ前の記事をご参照ください)


朝倉班:
ラオスにおける社会的健康を推進する学校保健に関する研究を実施している。これまで、様々な介入(エコヘルス教育に必要とされるコンピテンシーの解明等)が行われてきて、これから論文として発表していく段階です。


神馬班:
ネパールの子どもたちの栄養状態が悪く、また、Food diversityが少ない食事をしている。この問題を解決するために、ネパールでのスクール&ホームガーデンプログラムを実施している(クラスターRCT)。

====
国際学校保健コンソーシアムの活動は、今年で9年目に入ります。
代表理事の小林先生から、
「我々の子どもたちに何が起きてくるか、想定しながら課題を見つける。
本コンソーシアムは、未来志向型な活動をやるべきなのかもしれない。」
というお言葉がありました。

普段は、オンラインにて事務局会議を毎月実施していますが、このように顔を見合わせて議論する時間もとても良いなと思いました。

国際学校保健コンソーシアムでは、新規会員を募集中です。
興味のある方は、HPよりお問い合わせください。お待ちしております!

報告者:手島祐子