城川 美佳(事務局)

メンバー一覧


城川 美佳(事務局)


神奈川県立保健福祉大学
講師

メッセージ

専門家と利用者のリテラシー・ギャップには、文化や習慣が介在しています。文化・習慣の具体的な違い、またそのことがリテラシーに与える具体的な影響に関心があります。現在、他国からおいでになって、日本で妊娠・出産・育児を行う際の情報ニーズについて研究を行っています。

主な研究分野

公衆衛生学、社会調査法、ヘルスリテラシー、リスクコミュニケーション、在留外国人、学校栄養

主な活動経験・調査経験

1985-1987:感染症疫学
1987-2004:地域栄養の検討、学童期の肥満研究
2014-現在:感染症情報の提供のあり方、食の安全教育の手法に関する研究(リスク・コミュニケーション研究)@ネパール、日本

パーソナルヒストリー

1985年:北里大学衛生学部 卒業
1985年-現在:医科系大学にて公衆衛生学領域の研究に従事
1998-現在:在日外国人健康相談会の活動に参加
2011年4月:NPOスタッフとして、宮城県気仙沼市の自宅避難者への健康支援活動に従事
2011-2013:医科大学附属病院にて、論文作成支援(統計学)に従事
2017年4月より現職

HP、研究者情報

https://researchmap.jp/uroshidan